S+ Camera シリーズ

SORACOM Plus Camera シリーズ (以下、S+ Camera シリーズ、サープラスカメラシリーズ)は、電源をつなぐだけで、通信するエッジ AI カメラです。SORACOM Air のセルラー通信を搭載しており、汎用マウンタを利用して手軽に設置、さらに遠隔から AI アルゴリズム書き換えが可能なエッジ処理カメラです。

S+ Camera シリーズは下記の製品群があります。

製品名 特徴
S+ Camera Basic S+ Camera シリーズの基本モデル
S+ Camera Design デザインをスタイリッシュにして、かつ設置する際の改良点を加えたモデル
S+ Camera WP 屋外での利用ができる防水モデル

S+ Camera シリーズとは

  • セルラー回線搭載で通信設定など不要
  • 汎用型マウント利用でカメラの現場設置が容易
  • SORACOM Mosaic コンソール」を利用して遠隔からカメラの管理が可能

S+ Camera シリーズはエッジ処理基板として Raspberry Pi をベースとし、通信モジュール、SIMカード、カメラ、電源を一体化し、電源を入れるだけで通信も含めて稼働します。本カメラは、エッジデバイスの統合管理サービス「SORACOM Mosaic コンソール」によって運用管理されます。

SORACOM Plus Camera Basic

アルゴリズム

S+ Camera シリーズで利用するアルゴリズムは、「SORACOM Mosaic コンソール」を利用して遠隔からセルラー経由で更新可能です。手順はこちらを参照ください。アルゴリズムはソラコムから提供される”サンプルアルゴリズム”(無償提供)、パートナーから提供される”3rd party アルゴリズム”(有償 / 無償 提供)、自社で独自に開発する”独自アルゴリズム” のいずれかを御利用いただけます。

サンプルアルゴリズム

ソラコムが S+ Camera シリーズの学習用に無償で提供するアルゴリズムです。ソースコードを公開しているため、独自アルゴリズムのベースとしてもご利用いただけます。現在提供中のサンプルアルゴリズムは以下です。

アルゴリズム名 概要
定期画像送信 SORACOM_ENV_WAIT 間隔毎に SORACOM Harvest Files に画像をアップロードします。
顔検出 カメラが人間の目線を検出すると顔の周りを切り出して、SORACOM Harvest Files へ送信します。
顔検出(プライバシ) 目線を検出すると目線にモザイクをかけて SORACOM_ENV_WAIT 間隔毎に SORACOM Harvest Files の /cap/{Mosaic ID} に画像をアップロードします。
顔認識 取得した顔画像に対して顔認識モデルによる判定をします。モデルの作成、学習用に専用のコンソールもご用意しています。
差分動画 1秒毎に取得した前後の画像を比較し、前後の画像に大きな変更があった画像を SORACOM_ENV_WAIT 分のアニメーションとして SORACOM Harvest Files にアップロードします。
数字/文字読み取り 指定された範囲の数字やアルファベットを OCR によってテキスト化して、 /OCR/{Mosaic ID} に指定された範囲とテキストの情報をアップロードします。
物体検出 カメラに写った物体の認識と、認識した物体の位置を検出することができます。SORACOM_ENV_WAIT 間隔毎に検出された物体のアノテーションを付加した画像を SORACOM Harvest Files へ送信します。(MobileNet SSD v2 (COCO)モデルを利用)
物体検出(Google Coral Edge TPU USB Accelerator) Object Detection with Google Coral Edge TPU USB Accelerator を利用できます。

(MobileNet SSD v2 (COCO)モデルを利用)

物体検出(動画) 物体認識した前後の動画をHarvest Filesへアップロードします。
ArUcoMarker Image ArUco markerで指定された範囲を切り出します。

各アルゴリズムの詳細については、アルゴリズム一覧を参照してください。

3rd partyアルゴリズム

ソラコムパートナーにより提供されるアルゴリズムです。サンプルアルゴリズムが学習用に提供されていることに対して、3rd party アルゴリズムはより実践的なアルゴリズムが多いことが特徴です。一方で、利用するモデルは固定であるため、学習による精度改善はできません。3rd party アルゴリズムは S+ AI マーケットから購入いただけます。購入手順はこちらを参照ください。

また、トライアル機能を利用すると無料で Package20 をお試しいただけます。利用手順はこちらを参照ください。

※ 3rd party アルゴリズムについてのご質問は提供パートナー様へ直接お問い合わせください。

提供パートナー アルゴリズム名 特記事項
株式会社AI Dynamics Japan Package 20 滞在人数カウント物体検知アラートなど 20 個のアルゴリズムがセットになったアルゴリズム群。なお、一部のアルゴリズムはモデルファイルの容量が大きいため Wi-Fi アップロード機能 の利用も検討ください。当機能を利用いただくとモデルをダウンロードする際の通信に既設の Wi-Fi をご利用いただけます。
株式会社AI Dynamics Japan 自動車交通量カウント 自動車通行量をカウントするアルゴリズムです。設定したラインをまたいだ自動車の台数をカウントします。

※当アルゴリズムは試用版のため、2022 年 9 月 30 日まで無料で使用できます。

アルゴリズムを提供、ご検討いただけるパートナー様はこちらよりご連絡ください。

独自アルゴリズム

ユーザーが独自に開発するアルゴリズムです。開発者向けガイドをご用意しておりますので、こちらの内容をご参照ください。

アルゴリズムの利用フロー

以下は、S+ Camera シリーズの購入から運用開始までのフローの例です。

 

S+ AI マーケット

S+ AI マーケットはソラコムパートナーが開発したアルゴリズム (3rd party アルゴリズム) を SORACOM Mosaic コンソールから購入できる機能です。購入したアルゴリズムは S+ Camera シリーズにインストールして利用できます。

S+ AI マーケットを利用して 3rd party アルゴリズムを購入する手順はこちらを参照ください。

トライアル機能

ソラコム社内に設置している S+ Camera Basic を SORACOM Mosaic コンソールから操作できる機能です。この機能はお客様のアカウントから無料でご利用いただくことができ、購入前に S+ Camera Basic をオンラインで体験できます。SORACOM Mosaic コンソール右上のプルダウンから「Start trial」をクリックするとトライアル機能が開始できます。

 

トライアル機能を利用して S+ Camera Basic を操作する手順はこちらを参照ください。

SORACOM Arc を利用した Wi-Fi 接続

Wi-Fi アクセスポイントが設置されている環境では SORACOM Arc による Wi-Fi 接続が可能です。下図のように SORACOM プラットフォームを含む全ての通信に Wi-Fi を利用できます。大容量データのアップロードまたはダウンロードを、より安価な通信量でご利用いただけます。詳細はユーザードキュメントを参照ください。

Wi-Fi アップロード機能 (SORACOM Arc 無し)

SORACOM Arc を利用しない Wi-Fi 接続も可能です、外部のクラウドサービスへ大容量データを安価にアップロードできます。(SORACOM プラットフォームとの通信には IoT SIM を利用します。)

また、アップロードだけでなくダウンロードも可能ですので外部のクラウドサービスに配置した大容量のモデルファイルをダウンロードする際にもご利用いただけます。

 

詳細はユーザードキュメントを参照してください。