SORACOM
Funk

クラウドファンクションアダプター

クラウドファンクションアダプタ

SORACOM Funk は、AWS、Azure、Google Cloud といったパブリッククラウドが提供する FaaS (Function as a Service) の Function を呼び出すサービスです。デバイスのスペックや消費電力の問題から、デバイスで複雑な計算処理ができない場合でも、複雑な計算処理を FaaS にオフロードできます。また、FaaS の認証情報を SORACOM Funk で保持するため、デバイスは認証情報を保持することも、SDK を使うこともなく、Function を呼び出すことができます。

SORACOM Funk

クラウドが提供する FaaS として、以下の3つに対応しています。

  • AWS Lambda
  • Azure Functions
  • Google Cloud Functions

詳しい設定方法はユーザーサイトをご確認ください。


Unified Endpoint による複数サービスの利用

Unified Endpoint は、統合された一つのエンドポイントで Funk だけでなく、SORACOM Funnel (Funnel)、SORACOM Beam (Beam)、SORACOM Harvest (Harvest) にデータを送信することができます。また、Unified Endpoint に送信したデータを複製し、Beam、Funnel、Funk、Harvest の複数に転送することができます。
Unified Endpoint を利用することで IoT デバイス側ではデータの送信先を Unified Endpoint に固定しつつ、利用のサービスを切り替えることができます。

Unified Endpoint

IoT デバイスの設定を変更することなく IoT システムの全ライフサイクルをサポート
例えば、PoC フェーズでは Harvest を利用しお客様自身でサーバーを用意することなくクイックにデータを蓄積/可視化し、実運用では Beam によりお客様の自社サーバーを利用する場合においても、お客様は IoT デバイスに設定されたデータの送信先を変更する必要はありません。PoC から実運用までデバイスの設定を変更することなく、IoT システムをシームレスに展開していくことが可能です。

Unified Endpoint の詳しい設定方法は、ユーザーサイトをご確認ください。


Private Garden 機能

Private Garden は、アウトバウンドルーティングフィルターですべての宛先を拒否したソラコムの管理する VPG です。デバイスから直接インターネットへはアクセスできませんが、Beam, Funnel, Funk, Harvest, Napter は利用できます。SORACOM の提供するアプリケーションサービスのみを利用する場合に手軽な閉域環境として利用できます。

Private Garden はソラコムが用意したVPG のため、お客様が VPG をセットアップする必要はありません。利用方法については、Private Garden 機能を使用するをご確認ください。

なお、Private Garden はソラコムが用意するため VPG 作成料金や VPG 基本料金は発生しませんが、アプリケーションサービス等利用料割引やデバイス間通信サービス (SORACOM Gate D2D)、パケットキャプチャサービス (SORACOM Peek) は利用できません。

pagetop