SORACOM
Funnel

クラウドリソースアダプター

クラウドサービスに特化したクラウドリソースアダプター

SORACOM Funnel(以下、Funnel) は、デバイスからのデータを特定のクラウドサービスに直接転送するクラウドリソースアダプターです。 Funnel でサポートされるクラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。

任意の転送先を設定できる SORACOM Beam と異なり、Funnel は連携している特定のクラウドサービスにデータ転送機能を提供しています。

SORACOM Funnel

従来、IoT デバイスからクラウドサービスにデータを送信する場合には、IoT デバイスに SDK をインストールするか、お客様ご自身でクラウドサービスへデータの中継を行うサーバを立てたりする必要がありました。 また、クラウドサービスへアクセスするためのパスワードなどの重要な情報をデバイス側に持たせる必要があり、セキュリティ面でも懸念がありました。

Funnelでは、サポートされるクラウドサービスと、そのクラウドサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。クラウドサービスへアクセスするためのパスワードをデバイスに保持する必要もありません。 お客様は最小限の手間で、迅速にクラウドサービスを利用することができるようになります。

プロトコルは、HTTP、TCP、UDPに対応しています。
デバイスは、これらのプロトコルに対応したシンプルな実装だけでクラウドサービスへのデータのインプットが可能となります。

Funnelアダプターとしては、以下の5つに対応しています。

  • AWS IoT
  • Amazon Kinesis
  • Amazon Kinesis Firehose
  • Microsoft Azure Event Hubs
  • Google Cloud Pub/Sub

また、Funnelアダプターは Partner Hosted Adapter として、以下に対応しています。

日本カバレッジ

グローバルカバレッジ

Partner Hosted Adapter とは、SORACOM パートナースペースの認定済みパートナー様が運営するクラウドサービスなどへの接続機能を提供します。お客様は、いずれのアダプタを利用する場合も、クラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。


接続先の切り替え

Funnel を利用することで、IoT デバイス側ではデータの送信先を Funnel エンドポイント(funnel.soracom.io:23080)に固定することができます。

Funnel からのクラウドサーバーへの接続情報は、Funnel の Web コンソール(ユーザーコンソール)もしくは API を利用して、IoT SIM のグループ単位で設定することができます。

これにより、例えば、テスト環境と本番環境の切り替えでクラウドサービスの接続先を変更する必要が生じた際には、Funnel のユーザーコンソールを利用した簡単な操作や、プログラムから API を利用して、お客様の IoT デバイスの通信先を一括して変更することができます。

従来のように、多数配備された IoT デバイス一つ一つに再設定処理を行う必要はありません。

詳しい設定方法はユーザーサイトをご確認ください。


Unified Endpointによる複数サービスの利用

Unified Endpoint は、統合された一つのエンドポイントで Funnel だけでなく、SORACOM Beam (Beam)、SORACOM Harvest (Harvest) にデータを送信することができます。また、Unified Endpoint に送信したデータを複製し、Beam、Funnel、Harvest の複数に転送することができます。
Unified Endpoint を利用することで IoT デバイス側ではデータの送信先を Unified Endpoint に固定しつつ、利用のサービスを切り替えることができます。

Unified Endpoint

IoTデバイスの設定を変更することなくIoTシステムの全ライフサイクルをサポート
例えば、PoC フェーズでは Harvest を利用しお客様自身でサーバーを用意することなくクイックにデータを蓄積/可視化し、実運用では Beam によりお客様の自社サーバーを利用する場合においても、お客様は IoT デバイスに設定されたデータの送信先を変更する必要はありません。PoC から実運用までデバイスの設定を変更することなく、IoT システムをシームレスに展開していくことが可能です。

IoTデバイスの送信データの確認
Funnel を使用してクラウドサービスにデータを送信しつつ、Harvest にもデータを送信することができます。お客様は、IoT デバイスから Funnel に送信されたデータを Harvest でも確認することができます。クラウドサービスにデータが送信されない場合などに問題の切り分けを行うことができます。

Unified Endpoint の詳しい設定方法はユーザーサイトをご確認ください。

pagetop