FutureNet MA-S120/L

<パートナー様による検証時期2021年10月>

FutureNet MA-S120/L

製品説明

マルチキャリアLTE/3G Cat.4 通信モジュール搭載の小型Linuxアプライアンスサーバです。省電力で運用できるスリープ機能を搭載しており、スリープ状態からの復帰トリガーは「接点入力」「シリアル入力」「IP着信」「RTCタイマ」等、多様な条件を選択できます。
サブマイコン(FeRAM 内蔵)を搭載しており、オンボードにキャパシタを標準で実装しています。これによりKernel Panicが発生した場合や、Syslogに記録できない問題が発生した場合、あるいは電源が落ちてしまったり、正しくshutdown/reboot 処理が行われなかった場合などに何が発生したのかを確認できる機能に対応しています。本機能をトラブルシューティングにご活用頂けます。
また、入力電圧監視機能も搭載しており、設定閾値を下回った場合のイベントトリガーとしての利用などが可能です。
耐環境性としては-20℃~60℃の動作温度範囲に対応しています。
LTEやEther、シリアル、接点入出力といった多様なインタフェースを標準搭載しております。
また、開発者向けサイトを無償公開しています。(http://wiki.centurysys.jp/)

提供会社・製品情報

お問い合わせ先
センチュリー・システムズ株式会社
メール:info@centurysys.co.jp
製品サイト:https://www.centurysys.co.jp/contact/form1.php

対応サービス・特徴

    • 通信規格
    • デバイスの特徴
    • 対応サブスクリプション
    • 動作確認済み SORACOM サービス

SIMタイプ : 標準(mini)


お問い合わせする際は SORACOM 認定デバイス 一覧 からの問い合わせである旨、お伝えいただくとスムーズです。 IoT用セルラー通信、IoTプロジェクトのご相談などはこちらからソラコムにお問い合わせください。